利用規約

当社ECサイト「homehub.site」へようこそ。ぜひ、当社の製品・サービスをご利用ください。ご利用に際しては以下の利用規約(以下「本規約」といいます。)に同意していただく必要があります。本規約は、当社のご提供する本サービス(本規約第3条第2項に定義します。以下同じです。)を利用するお客様と当社との間の権利義務関係を定めることを目的とし、その詳細を規定しておりますので、ご利用開始前に必ずお読みください。本規約は、当社とお客様との間の本サービスに関する一切の関係に適用されます。

第1条(本規約の内容)
  1. 当社が別途定めるプライバシーポリシー、並びに当社が提供する特定のサービスに関連して当社が提示し、かつ、お客様が同意するその他の関連規約(以下、総称して「関連契約等」といいます。)は、本規約の一部を構成し、関連契約等に定めのない事項に関しては、本規約が適用されるものとします。
  2. 関連契約等において、本規約と異なる内容を定めた場合、関連契約等の規定が本規約の規定に優先して適用されるものとします。
  3. お客様は、本規約に同意しない限り、当社サービスにアクセスしたり、当社サービスを利用していただくことはできません。
  4. お客様が当社サービスに登録、又は当社サービスを利用した場合は、本規約に同意したものとみなされます。
  5. お客様がhomehubプロダクト(本規約第3条第4項に定義します。以下同じです。)をご利用可能な場面としては、お客様自身がサービス利用料及び購入料をお支払いいただく場合(以下「お客様お支払いパターン」といいます。)と、当社との間でhomehubプロダクトに係る契約を別途締結した事業者等(以下「貸与事業者」といいます。)からお客様がhomehubプロダクトの貸与を受ける場合(以下「事業者貸与パターン」といいます。)があります。
  6. 事業者貸与パターンの場合、本規約のうち、第10条(レンタル品の扱い)から第14条(レンタル品の毀損等)まで、第21条(注文方法)から第36条(不具合・契約不適合への対応)まで、並びに第41条(解約手続)及び第42条(レンタル品の早期解約事務手数料)の条項は適用除外となります。
  7. 事業者貸与パターンの場合、貸与事業者がお客様によるhomehubプロダクトの取扱いについて規約、規定、ルール等を定めている場合には、お客様はこれに従うものとします。
第2条(法人向けの案内)
  1. 当社ECサイト「homehub.site」で取扱うデバイスは、住居での個人利用を想定したデバイスです。事業利用目的のお客様は、ご利用いただけません。
  2. 前項の定めにかかわらず、Makuakeのご支援者様へのリターン対象となっているhomehubプロダクトに関しては、リターンによる利用可能期間中は、この限りではありません。
第3条(定義)
  1. 「当社」とは、株式会社ビットキーを意味します。
  2. 「本サービス」とは、当社が提供するhomehubプロダクト、その他の各種プロダクト、ソフトウェア、「homehub.site」をはじめとしたコンテンツ、その他の製品及びサービスを総称したものを意味します。
  3. 「アカウント情報」とは、第4条(アカウント登録)に基づいてお客様が登録する個人に関連する情報を意味します。
  4. 「homehubプロダクト」とは、当社が本サービスに際して提供する製品及びこれに関するサービスを意味します。
  5. 「レンタル品」とは、homehubプロダクトのうち、お客様にレンタルされる製品を意味します。
  6. 「購入品」とは、homehubプロダクトのうち、お客様が購入される製品を意味します。なお、購入品の場合、本規約のうち、第10条(レンタル品の扱い)から第14条(レンタル品の毀損等)まで、第29条(支払方法・支払時期)第2項、第30条(支払いが延滞した場合)第2項及び第42条(レンタル品の早期解約事務手数料)の条項は適用除外となります。
  7. 「利用者向けソフトウェア」とは、お客様がhomehubプロダクトを利用(施錠・解錠など)するために使用するサーバー、スマートフォン又はタブレット型端末(以下、総称して「スマートフォン等」といいます。)上で動作するソフトウェアを意味します。
  8. 「ワンタイムチケット」とは、指定された時間帯、回数等の特定の条件下で、特定のhomehubプロダクトを動作させ、扉の解錠ができる権利を有する電子的な鍵のことを意味します。
  9. 「サービスパートナー」とは、当社と提携し、自らが事業として提供するサービスとワンタイムチケットを組み合わせて新たにサービス(以下「提携サービス」といいます。)を提供する事業者を意味します。
第4条(アカウント登録)
  1. お客様が本サービスを利用するためには、アカウントを開設する必要があります。
  2. 本サービスの利用を希望する者が、本規約の内容を承諾の上、アカウントを開設し、当社がこれを承諾することによって、本サービスにかかる利用契約が成立するものとします。
  3. アカウントは、お客様の氏名やメールアドレス等を登録し、パスワードを決定することで開設されます。
  4. 他人にはわかりづらい独特なパスワードで、かつ他のサービスで使用されているものと異なるパスワードを設定してください。
  5. お客様は、アカウント情報を登録する場合、真実、正確かつ完全な情報を提供しなければならず、常に最新の情報となるように更新しなければなりません。
  6. お客様は、本サービスの利用に際してパスワードを登録する際、これを不正に利用されないように、又はこれを失念することのないように、自己の責任において厳重に管理しなければなりません。当社は、登録されたパスワードを利用して行われた一切の行為を、お客様ご本人の行為とみなすことができます。
  7. お客様が当社に正確な情報を提供しなかった、あるいはアカウント情報の安全性を確保しなかったことにより発生した損失又は損害について、当社はいかなる責任も負わないものとします。
  8. お客様は、いかなる場合にも、アカウントのメールアドレス及びパスワードを第三者に譲渡若しくは貸与(有償・無償を問いません。)し、又は第三者に使用させ、第三者と共同して使用することはできません。
  9. 自身のアカウント情報が不正に使用されたことが発覚した、あるいは何者かが承認も得ずに自身のプライベートなコンテンツにアクセスすることが可能なのではという疑いを持った場合は、ただちにパスワードを変更し、当社カスタマーサポート(support@bitkey.jp)にお知らせください。
  10. アカウント登録の申請者が次のいずれかのケースに該当すると当社が判断した場合、当社は、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。① 利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合② 本規約に違反したことがある者からの申請である場合③ 未成年者、成年被後見人又は被保佐人のいずれかであり、利用登録にあたって、法定代理人、後見人又は保佐人の同意等が必要であるにもかかわらず同意等を得ていなかった場合④ その他、当社が利用登録を相当でないと判断した場合
第5条(アカウント情報更新のお願い)
  1. 当社からお客様への通知は、通知時点において、お客様のアカウントに登録された電子メールアドレスその他の連絡先に宛てて発し、その通知が通常到達すべきであったときに到達したものとみなします。当社のWeb サイトに掲示することにより、お客様に対して通知を行う場合もあります。
  2. お客様が第4条第5項の提供・更新を怠ったことにより、当社からお客様への連絡、通知等がお客様に到達せず又は遅延したためにお客様に損害が生じた場合であっても、当社はその責任を負いません。
第6条(アカウント開設後のお客様の権利)
  1. 本サービスにかかる利用契約が成立すると、適用される法律においてお客様がサービスを受けることが禁じられていない限り、お客様には、本規約に従って本サービスを利用する制限付きの非独占的使用許諾が与えらます。
  2. この使用許諾は、お客様のアカウントが削除されるまで継続されます。
第7条(家族・友人・サービスパートナー等に対するお客様の責任)
  1. お客様は、お客様が本サービスを使用させるお客様の家族・友人に対し、本規約に定める条件を周知し、これに従わせるものとします。お客様の家族・友人による本規約の違反は、お客様による違反とみなすものとし、お客様は当社に対し、当該違反による一切の責任を負うものとします。
  2. お客様は、サービスパートナーの提携サービスを利用する場合、お客様が提携サービスを利用する集合住宅等(以下「利用対象建物」といいます。)において、サービスパートナーがワンタイムチケットを利用して利用対象建物に入館することが、利用対象建物の管理規則等又は建物管理者により許諾されていることを自ら確認した上で、利用するものとします。サービスパートナーは、お客様から提携サービスの利用申込みがあった場合には、サービスパートナーがワンタイムチケットを利用して利用対象建物に入館することについて、お客様が許諾を得ているものとして、提携サービスを提供します。
第8条(アカウントの停止・削除等)
  1. 当社は、お客様が以下のいずれかの条件に該当する場合には、事前の通知なく、お客様に対して、本サービスの全部若しくは一部の利用を制限若しくは停止し、又はお客様のアカウントの登録を停止若しくは削除することができるものとします。
    ① 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    ② 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
    ③ 料金等の支払債務の不履行があった場合
    ④ 当社からの連絡に対し、一定期間返答がない場合
    ⑤ 第4条10項各号の事由に該当することが明らかになった場合
    ⑥ その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
  2. 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりお客様に生じた損害について、一切の責任を負いません。
第9条(アカウントの退会)

お客様は、当社の定める退会手続を完了することにより、本サービスから退会し、本サービスにかかる利用契約を終了することができるものとします。

第10条(レンタル品の扱い)
  1. レンタル品は、内部に組み込まれたソフトウェア(以下「ファームウェア」といいます。)も含めて、特定期間内のサービス使用権を販売する方式にて、お客様に貸与されるものとします(以下「サブスクリプション契約」といいます。)。
  2. レンタル品は、月額分割払い又は年額一括払いの形式にてサービス利用料をお支払いいただくことにより、ご利用可能です。
  3. 当社は、レンタル品について、サブスクリプション契約の期間、利用者向けソフトウェアを経由してファームウェアへのアップデートを行い、機能追加や修正を行います。
  4. レンタル品の所有権は、レンタル品利用期間(次条に定めます。)中は、当社に帰属し、レンタル品利用期間終了時に当社からお客様にレンタル品の所有権が移転します。そのため、レンタル品利用期間終了時にレンタル品を当社にご返送いただく必要はございません。
第11条(レンタル品利用期間)
  1. サブスクリプション契約の有効期間は、お客様からご注文いただいた後に、当社が出荷処理をした日付を起算日(以下「利用開始日」といいます。)とし、支払方法を問わず1年間といたします(以下「レンタル品利用期間」といいます。)。ただし、第4条2項の利用契約が終了した場合は、サブスクリプション契約も終了するものとします。
  2. お客様がレンタル品利用期間終了日の30日前までに解約手続きを完了しない場合は、同一条件にて毎年自動更新されるものとします。
第12条(レンタル品交換サービス)
  1. お客様は、レンタル品利用期間中であれば、レンタル品が不具合や経年劣化により故障した場合であって、これにより本サービスの利用目的を達成できないと当社が判断した場合、本条及び次条を遵守いただくことを条件として、当社による交換用のレンタル品(以下「交換品」といいます。)をお届けするサービス(以下「レンタル品交換サービス」といいます。)をご利用いただけます。
  2. レンタル品に不具合や故障が生じた場合、直ちにサポートサービス(support@bitkey.jp)にご連絡ください。
  3. ご連絡頂いた情報を当社にて確認した結果、当該レンタル品の原因解析が必要であると当社が判断した場合、お客様は、当社が指定する返却期日、場所、方法等に従って、当該レンタル品を当社にご返送ください。
  4. ご連絡頂いた情報又はご返却いただいたレンタル品の原因解析の結果を当社にて確認し、当該レンタル品がレンタル品交換サービスの適用を受けると当社が判断した場合、当社は、交換品を、配送時にお客様のアカウント情報に登録された住所に配送します。
  5. レンタル品交換サービスにおいては、原則として、交換品の代金や交換手数料は発生せず、レンタル品及び交換品の送付に要する送料のみをお客様にご負担いただきます。但し、返送いただいたレンタル品を当社が確認した結果、お客様の利用方法に過失があると当社が判断した場合には、お客様に、当社が算出したレンタル品の価格と同額を弁償していただく場合がございます。
  6. 交換品は、再調整品(ファームウェアを初期化し、必要に応じて外装を交換又は清掃した製品)の場合がございます。
第13条(レンタル品交換サービスに関するお客様の義務)
  1. レンタル品交換サービスをご利用いただくために、お客様は、以下の行為を行っていただく必要があります。① レンタル品あるいは梱包箱に記載されたシリアル番号の提供② 対象機器の問題の症状及び原因に関する情報の提供③ 対象機器の診断又は修理に必要な情報の提供④ その他、サービス提供のために必要な当社の指示に従うこと
  2. レンタル品交換サービスによる交換品を受領いただくにあたり、不具合や故障が生じたレンタル品について当社が廃棄を依頼した場合には、お客様ご自身にて各自治体が定める方法にて廃棄してください。
  3. 不具合や故障が生じたレンタル品について前条第3項に基づき当社が返却を依頼した場合、当社がお客様によるレンタル品の返却を確認するまでの間、交換品の本体価格及び該当する送料の支払保証のために、当社がクレジットカードによる支払承認を求める場合があります。この場合、レンタル品が当社指定期日通りに返却されないときには、当社は承認金額をお客様のクレジットカードより引き落とさせていただきます。
  4. 交換品をお受け取り後、改めてスマートフォン等とのペアリングを含む初期設定・設置を行っていただきます。なお、当社に返送されたレンタル品に保存されたデータは消去します。本条に基づき当社が返送品のデータを削除したために、お客様又は第三者に損害が生じた場合であっても、当社は一切責任を負いません。
  5. ご返却いただいたレンタル品を当社が確認し、明らかに故意の破壊・分解と見なされる状態(例えば、不自然な本体の割れ、ネジ外れなど)であると当社が判断した場合には、第12条(レンタル品交換サービス)を適用せず、第14条(レンタル品の毀損等)を適用させていただくことがあります。
第14条(レンタル品の毀損等)
  1. レンタル品が毀損又は滅失した場合、毀損又は滅失が、お客様の責に帰すべき事由(錠確認の未実施、推奨外の錠や物への設置、レンタル品の改造、推奨外の方法による使用、故意又は過失による破壊等を含みますが、これらに限りません。)による場合は、当社は、レンタル品の交換サービスを含むいかなるサポートも対応しないものとし、かつ、修理費等、修理に際して当社が支出した費用をお客様に請求できるものとします。
  2. レンタル品を毀損又は滅失した場合、直ちに当社カスタマーサポート(support@bitkey.jp)にご連絡いただき、当社が指定する指定期日及び指定場所に返送ください。
  3. 第1項にかかわらず、お客様から返送いただいたレンタル品を当社にて確認し、お客様の利用方法に過失がある(例えば、不自然な本体の割れ、ネジ外れなど)場合であって、当該レンタル品が再使用不能及び修理不能の状態であることが確認された場合は、お客様に、当社が算出したレンタル品の価格と同額を弁償していただく場合がございます。
第15条(利用者向けソフトウェア)
  1. お客様がhomehubプロダクトをご利用いただくためには、利用者向けソフトウェアをダウンロードいただく必要があります。
  2. 当社は、セキュリティー機能の向上及びエラーの修正等を目的とする利用者向けソフトウェアの自動的なアップデートや、当該アップデートに伴う利用者向けソフトウェアの機能の追加、変更又は削除を行います。
第16条(ソフトウェア等の不具合)
  1. お客様は、利用者向けソフトウェア及びファームウェア(以下、総称して「ソフトウェア等」といいます。)の不具合を見つけた場合には、すみやかに連絡してください。
  2. 当社は、前項の連絡を受けた場合、不具合の有無を確認し、必要な修正をできるように努力します。
  3. 当社は、経済合理性を踏まえた優先順位を設定したうえで修正を実施しますが、全ての不具合や不適合を修補できることを保証するものではありません。
  4. 当社は、ソフトウェア等に関する契約不適合責任として、本条に記載された責任以外の責任を負わないものとします。
第17条(ソフトウェア等をアップデートする権利)
  1. 当社は、本サービスの改善、強化、修正、又はさらなる開発目的で、お客様のスマートフォン等やコンピュータ及びデバイスに自動的にアップグレード版のソフトウェア等をダウンロードすることがあります。
  2. 当社は、アップグレード版をインストールするかどうかの選択権をお客様に提供するように努めます。
  3. 前項の定めにかかわらず、止むを得ない状況(たとえば、セキュリティ上の危険がある場合)においては、当社は、本サービスへの継続的アクセスを条件として、お客様にアップデートのインストールを義務づける場合がございます。
第18条(サポートサービス)
  1. 当社カスタマーサポートによるサポートサービスの提供は、土日祝日を含む、日本時間午前9時から午後6時までとします。但し、年末年始など当社の指定する休日を除きます。
  2. サポートに必要な情報は速やかにご提供ください。
  3. お客様からご提供いただいた情報は、サポートサービス実施の目的において活用させていただきます。
  4. サポートサービスの実施場所は当社が決定いたします。
  5. 当社は、サポートサービスを当社にて行う他、当社が指定した第三者にサポートサービスの全部又は一部を実施させることができることとします。ただし、この第三者によるサポートサービス等の実施に係る責任については、当社が負うものといたします。
第19条(第三者のソフトウェアを使用する権利)

当社は、本サービス及び提供するソフトウェア等の一部として、第三者により提供されたコンピュータソフトウェアを使用することがあり、それらは各ライセンサーや著作権者の許可の下、定められた条件下で利用しています。

第20条(キャンペーン品)

本サービスの提供に付随するキャンペーン品等の無償の提供物については、その機能及び性能について、当社は一切保証しません。お客様の責任でご使用ください。

第21条(注文方法)

当社ECサイト「homehub.site」から、ご注文手続きをお願いいたします。

第22条(決済方法の選択)
  1. お客様が選択できる決済方法は、homehubプロダクト購入ページにて表示します。
  2. お客様が選べる決済方法は、順次増えていく見込みであり、当社の判断で、お客様に通知することなく増やすことができるものとします。
  3. 決済方法としてキャリア決済を選択される場合、出荷前に決済が確定し、取り消しが困難になる可能性がございますので、ご留意ください。
  4. お客様が第三者の提供する決済手段(たとえば、クレジットカード)を利用する場合、お客様とその第三者においては、その決済手段に対して第三者の定める審査基準(その第三者の判断により利用できない場合あり)、規約その他条件が適用され、当社は、お客様による当該決済手段の利用を可能にするために、債権譲渡その他必要な措置を講じることがあります。
  5. お客様は、自己の正当な権限・管理のもと、自己の責任で、第三者の提供する決済手段を利用するものとします。
第23条(デビットカード利用における注意事項)
  1. デビット機能付きのクレジットカードでhomehubプロダクトを購入される場合、購入手続き後、即時にクレジットの認証が行われ、代金がご指定の預金口座から引き落とされる場合があります。
  2. そのため、クレジットの認証後に起きたエラーにより、ご注文が確定できなかった場合であっても、引き落としが行われ、返金までにお時間をいただく可能性があります。
  3. また、引き落としが重複する場合もありますので、デビット機能付きクレジットカードでの決済を選択される際にはご留意ください。
  4. 万が一引き落としが重複しているなど、お支払いやキャッシュバックについてご不明な点がございましたらご利用のクレジットカード会社へお問い合わせいただけますようお願いいたします。
第24条(注文の確定等)

お客様の注文に対して、当社から次のいずれかの連絡をした時点でその注文は確定します。
① 注文内容及び注文番号を記載した、注文の確定を通知する電子メールの発信
② その他、当社所定の方法による承諾の連絡

第25条(注文確定後のキャンセル及び内容変更)

前条に基づく注文確定後の、お客様都合でのキャンセル及び内容変更は、一切お受けすることができません。

第26条(未成年のお客様による注文)
  1. 未成年のお客様が注文する場合、法定代理人 (ご両親、保護者等)の同意を得たうえで注文してください。
  2. 未成年者が、本規約に定める法定代理人の承諾がないにもかかわらず、承諾があると偽って本サービスを利用した場合、また、年齢について成年と偽って本サービスを利用した場合、当該未成年者は本サービスにおける一切の法律行為を取り消すことができません。
第27条(Bitkeyによる注文のキャンセル等)

当社は注文確定後、次のいずれかに該当する場合、お客様への連絡を行うことなく、注文のキャンセル、homehubプロダクトの発送・サービス提供の停止、その他必要と判断する対応をとることができます。
① お客様が第39条に規定される禁止行為を行った場合、又はその恐れがあると当社が判断した場合
② お客様が「homehub.site」の利用条件(本規約や各homehubプロダクト・サービス特有の条件を含む)に違反した場合
③ お客様に当社がお届けしたhomehubプロダクトその他物品を受領する意思がないと当社がみなした場合
④ 支払遅延の場合
⑤ 「homehub.site」の提供する機器の故障・トラブルならびに通信回線の障害等により、お客様のデータが消失等した場合
⑥ 地震、台風等の天災地変、homehubプロダクトの製造工場における火災、homehubプロダクトの製造時における部品調達の支障、輸送機関の停止・遅延、その他の不可抗力事由が生じた場合

第28条(価格)
  1. 当社ECサイト「homehub.site」上に掲載します。
  2. キャンペーンの開催などにより、お客様にご連絡なく、価格を変更する場合があります。
第29条(支払方法・支払時期)
  1. お客様は、ご購入時のページにて選択した支払方法によって、指定の支払時期までにサービス利用料及び購入料を支払うものとします。
  2. レンタル品に関して、レンタル品利用期間の途中でサブスクリプション契約が終了した場合、及びアカウントの退会等により本サービスにかかる利用契約が終了した場合、当初定めたレンタル品利用期間の残りの期間に係る支払済みのサービス利用料は返金されません。また、この場合、お客様は、当該レンタル品利用期間に係る未払料金の支払義務の履行を免れることはないものとします。
第30条(支払いが延滞した場合)
  1. お客様が前条第1項のサービス利用料及び購入料の支払を遅滞した場合には、お客様は年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。
  2. レンタル品の場合、お客様が指定した支払方法で決済エラーが発生し、レンタル品のサービス利用料の決済が一定期間継続して実行されなかったときは、解約扱いとします。この場合、レンタル製品の機能を制限させていただく場合があります。また、この場合に、お客様はレンタル品利用期間に係る未払料金の支払義務の履行を免れることはありません。また、お支払方法として月払いを選択されたお客様が、レンタル品利用期間の利用開始日より10ヶ月以内に解約扱いになる場合には、第42条(早期解約手数料)の対象となります。
第31条(発送)
  1. ご注文確定後、原則的に、4営業日以内に発送いたします。但し、新製品等に関する出荷開始前の事前予約注文の場合、在庫切れが発生している場合、不可抗力が発生した場合等については、その限りではありません。
  2. 当社の業務委託先である製造業者、倉庫業者又は配送業者に起因する事情により、若干の遅れが生じることがありますのでご了承ください。
  3. 発送しましたら、お問い合わせ伝票番号情報をお客様にメールにてご連絡致します。
  4. 当社の営業日は、日本時間における月曜日から金曜日までの平日であり、日本国内における祝祭日及び当社の指定する休日を除きます。なお、当社カスタマーサポートの提供日は、第18条をご参照ください
第32条(お届け・受け取り期限)
  1. 注文時にご指定いただいた住所へお届けします。
  2. 配送業者がお届けする場合、お届け先に最初に持参した日から1週間以内に受領されなかった場合、受領の意思がないとみなす場合がありますので、必ず受領してください。
第33条(配送先地域)
  1. homehubプロダクト、その他の物品のお届け先、及びサービスの提供先は、日本国内限定です。
  2. 一部離島及び立ち入りが困難な地域(被災地等含め)への配送は、ご対応ができない場合がございます。
第34条(送料)
  1. homehubプロダクトの送料は、「特定商取引法(通信販売)に基づく表示 」に記載します。
  2. 一部の離島へは、通常の送料に追加で費用を頂く場合がございますので予めご了承ください。
  3. 初回発送時にお受け取りいただけず、お客様のご依頼により当社がお客様に再送を行う場合の再送料は、お客様にご負担いただきます。homehubプロダクトの購入時にご指定いただいた支払方法にて決済いたします。
第35条(配送方法)

配送方法として、コンビニ受取、宅配ボックス指定には、対応しておりません。

第36条(不具合・契約不適合への対応)
  1. お客様は、homehubプロダクトの受け取り後すぐに梱包等を開封し、注文内容と同種の商品かを確認するとともに、同封されている取扱説明書や利用者向けソフトウェアの説明等をお客様自身で確認し、不具合、毀損又は契約不適合の有無をチェックしてください。チェック後、注文内容と同種ではない又は不具合、毀損若しくは契約不適合が認められ本サービスの利用目的を達成しないことが判明した場合、第4項の場合を除き、お客様による第2項の連絡を条件として、当社は、homehubプロダクトを改めてお送りいたします(当社の判断により、交換に代えて、買戻しその他の対応をする場合があります。)そのお届けに際して発生する送料は、当社負担といたします。
  2. 前項第2文の連絡は、homehubプロダクトの到着後7日以内にメールにて当社カスタマーサポート(support@bitkey.jp)にお問い合わせることによるものとします。
  3. すでにお客様の手元に届いているhomehubプロダクトは、当社指定の期日までに、当社指定の場所へ返却してください。また、当初のhomehubプロダクトが入っていた端末の箱に本体を入れてご返送ください。その返却に際して発生する送料は、当社負担といたします。
  4. 当社は、前項に基づきお客様から返却されたhomehubプロダクトについて、不具合、毀損又は契約不適合の有無を確認させていただきます。万が一、不具合、毀損又は契約不適合の原因が、お客様による故意の分解・破壊・改造であったと判明した場合には、以下の通り対応させていただきます。
  5. レンタル品の場合には、第14条(レンタル品の毀損)を適用することがあります。
  6. 購入品の場合には、交換対応をいたしません。なお、お客様が当社に返却した購入品の返送をご希望する場合、ご返却いただいた購入品を、現状有姿でお客様に返送させていただきます。この場合、お客様への返送にかかる送料は、お客様にご負担いただきます。homehubプロダクトの購入時にご指定いただいた支払方法にて決済いたします。
  7. 当社は、本条で定められた義務の他、homehubプロダクトの不具合及び毀損等について、なんらの責任も負わないものとします
第37条(設置方法について)
  1. 各種homehubプロダクトに同梱されている取扱説明書や、利用者向けソフトウェアの説明に沿ってhomehubプロダクトを設置してください。
  2. ご不明な点がございましたら、サポートサービス(support@bitkey.jp)にお問い合わせください。
第38条(スマートフォン等の紛失)
  1. スマートフォン等の紛失等により、スマートフォン等からアカウント情報が漏洩したことを原因としてお客様又は第三者に発生した損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。
  2. スマートフォン等を紛失等した場合には、お客様のアカウントの不正利用を防ぐため、マイページにログインし、すみやかにアカウントを停止させてください。
第39条(禁止行為)

お客様は、本サービスの利用にあたり、以下の各号の行為をしてはなりません。
(ア) 本規約の条項に反する行為
(イ) 本規約により明示的に許可される方法又は目的以外での本サービスの利用
(ウ) homehubプロダクトを故意に破壊・分解・改造する行為

(エ) homehubプロダクトを譲渡、贈与、貸与(有償・無償を問いません。)(なお、お客様が第三者に譲渡、贈与、貸与されたhomehubプロダクトに関しては、当社は、お客様及び第三者の方に対し、本サービス、サポート及び保証を一切提供いたしません。)

(オ) 本サービスを利用する施設に、乳幼児若しくはペット等の生き物又は現金、有価証券若しくは高価な物品を放置して外出する行為

(カ) 当社の書面による事前の承諾がある場合を除き、ソフトウェア等の全部又は一部を複製、譲渡、販売、修正、追加等の改変をすること(以下、これにより作成されたソフトウェア等を「模造品」といいます。)

(キ) 模造品の全部又は一部を複製、譲渡、販売、修正、追加等の改変をすること

(ク) 当社の書面による事前の承諾がある場合を除き、ソフトウェア等を再使用許諾、貸与又はリースその他の方法で第三者に使用させること

(ケ) 当社の書面による事前の承諾がある場合を除き、ソフトウェア等の一部又はその構成部分をソフトウェア等から分離使用すること

(コ) ソフトウェア等を用いて、当社又は第三者の知的財産権を侵害する行為

(サ) ソフトウェア等を用いて、当社によるソフトウェア等の提供を妨害する又は妨害するおそれのある行為

(シ) 不正アクセスをし、又はこれを試みる行為

(ス) ソフトウェア等のリバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル等のソースコード解析作業

(セ) 当社、他のお客様若しくは第三者のサーバー若しくはネットワークの機能を、破壊し又は妨害する行為

(ソ) 当社のサービスと競合するサービスに不当な利益を与える行為

(タ) 法令、又は公序良俗に反する行為

(チ) 犯罪行為に関連する行為

(ツ) 当社又は第三者の著作権、商標権などの知的財産権その他の権利を侵害し、又は侵害するおそれのある行為

(テ) 本サービスの他のお客様又は第三者に不利益、損害、不快感を与える行為

(ナ) 本サービスによって得られた情報を商業的に利用する行為

(ニ) 当社が許諾しない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、又は営業行為

(ヌ) 他のお客様に関する個人情報等を収集又は蓄積する行為

(ネ) 他のお客様に成りすます行為

(ノ) 当社のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接又は間接に利益を供与する行為

(ト) 面識のない異性との出会いを目的とした行為

(ハ) 本サービスを海外にて用いる行為及びその準備行為

(ヒ) その他、当社が不適切と判断する行為

第40条(お客様の義務)

お客様は、次の義務を負います。
① 善良な管理者の注意をもって、homehubプロダクトを扱うこと

② アカウント情報を自らの責任において管理及び保管し、これを第三者に貸与、贈与等をしないこと

③ 自己のアカウント情報によりソフトウェア等を利用してなされた行為及びその結果について、一切の責任を負うこと

④ 本サービスを利用するために必要な、スマートフォン等、コンピューター機器、通信回線、その他の通信環境等及び扉・鍵等の施設の準備及び維持を、自らの費用と責任において行うこと

⑤ 自己のソフトウェア等の利用環境に応じて、コンピューターウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じること

⑥ ソフトウェア等の利用又は本契約上の義務の不履行により当社又は第三者に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用をもって対応すること

⑦ お客様が本サービスを使用させるお客様の家族・友人に、本規約の規定を遵守させること

第41条(解約手続)
  1. homehubプロダクトが不要になった方、あるいはアカウントを退会される方は、マイページから解約手続を行ってください。
  2. 前項に基づく解約手続が完了し、homehubプロダクトがご不要になった場合は、お客様ご自身にて、各自治体が定める方法にてhomehubプロダクトを廃棄してください。
  3. 利用契約又はサブスクリプション契約の終了後に、homehubプロダクトに関して、第三者に対する転売、賃借及び譲渡等、並びにリバースエンジニアリング行為等は行わないでください。お客様がhomehubプロダクトを第三者に転売、賃借及び譲渡をされた場合であっても、当社は、当該homehubプロダクトに関して、お客様及び第三者の方に対し、本サービス、サポート及び保証を一切提供いたしません。
第42条(レンタル品の早期解約事務手数料)
  1. レンタル品について、お支払方法として月払いを選択されたお客様が第11条(レンタル品利用期間)に記載の利用開始日より10ヶ月以内に解約する場合、次の早期解約事務手数料を請求いたします。ただし、第11条2項に基づく更新後は、本条は適用されません。
  2. 早期解約事務手数料は、12ヶ月分のレンタル品月額サービス利用料から、すでにお支払いただいた金額を差し引いた残額です。(例)bitlock MINI(1ケ月あたりのサービス利用料550円(税込))を、すでに2ヶ月分をお支払いただいている場合の早期解約事務手数料は、5,500円(税込)となります。6,600円(税込) - 1,100円(税込) = 5,500円(税込)
  3. お支払方法として年払いを選択されたお客様については、早期解約事務手数料は発生いたしませんが、既にお支払いいただいた年間利用料は理由を問わず一切返還いたしません。
  4. 早期解約手数料は、お客様が購入時に指定した支払方法に請求します。もし、決済エラーが発生した場合には、決済エラーが解消するまで前条に基づく解約手続きは完了しません。
  5. Makuakeのご支援者様へのリターン対象となっているレンタル品については、この限りではありません。
第43条(保証の否認及び免責事項)
  1. 当社は、本サービスに事実上又は法律上の契約不適合(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティ等に関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害等を含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
  2. 当社は、本サービスに起因してお客様に生じたあらゆる損害について、当社の故意又は過失に起因する損害を除き、一切の責任を負いません。
  3. 当社は、本サービスに関して、お客様と他のお客様又は第三者(サービスパートナーを含む)との間において生じた取引、連絡又は紛争等について一切責任を負いません。
  4. 前各項の規定にかかわらず、第39条(禁止行為)のいずれかに該当するお客様の行為により生じた損害については、当社は一切責任を負いません。
  5. homehubプロダクトが電池切れやネットワーク障害によって想定通りの挙動をせず、解錠できなかったことによる損害について、当社は一切責任を負いません。解錠のための物理鍵を持ち歩いてください。
  6. ドアやサムターンの形がECサイト「homehub.site」に記載の条件に適合していても、トルクが硬い等の環境要因でhomehubプロダクトが動作しない場合について、当社は一切責任を負いません。
第44条(個人情報の取扱い)

当社は、別途定めるプライバシーポリシーに準拠し、お客様の情報を管理いたします。

第45条(利用情報の収集)
  1. 当社は、お客様による本サービスの利用に関する情報(以下「本情報」といいます。)を収集し、当社に送信することができるものとします。
  2. 当社は、本情報を、善管注意義務をもって使用又は保管するものとします。
  3. 当社は、本情報を下記の目的(以下「本目的」といいます。)のために、保管、使用又は開示できるものとします。
    ① homehubプロダクトの機能、並びにhomehubプロダクト使用時に発生するエラー及びバグの管理
    ② 利用者向けソフトウェアのアップデート版の提供、並びにアップグレード版を提供するための利用者向けソフトウェアの機能の管理
    ③ 裁判所等からの合法的な開示の要求対応、適用法令等の遵守
  4. 当社は、本情報を次に定める条件に従い、当社の関連会社及び第三者に開示できるものとします。
    ① 当社は、本目的の遂行のために、本情報を当社の関連会社と共有することができるものとします。
    ② 当社は、本目的の遂行のために、当社又は当社の関連会社が、本サービスに関連するコンテンツ又はソフトウェアに関して取引を行っている又は将来行う予定の第三者に本情報を開示し、共有できるものとします
  5. お客様は、当社が本サービスの提供によって収集する情報に関し、その真実性、完全性、網羅性、正確性、有用性、適切性等について実施する当社の可能な限りの努力が、完全ではないことをあらかじめ同意するものとします。
第46条(権利の帰属)
  1. 本サービスに関する所有権及び知的財産権(著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含みます。以下同じ。)、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、その他の知的財産権)は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に定める登録に基づく本サービスの利用許諾は、本規約において明示されているものを除き、本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の譲渡又は使用許諾を意味するものではありません。
  2. お客様は、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害する行為をしてはならないものとし、当社が、知的財産権保護のためにあらゆる措置をとる権利を有することに同意することとします。
第47条(不可抗力)
  1. 当社は、合理的な支配が及ばない事由(以下「不可抗力」という。)により本サービスの運営ができなくなった場合については一切の責任を負いません。
  2. 不可抗力には、地震、津波若しくは暴風雨、洪水等の天災、火災、政府若しくは政府機関の行為、法律、規制若しくは命令の遵守、戦争(宣戦布告の有無を問わない)、反乱、革命若しくは暴動、感染症若しくは伝染病、又はストライキ若しくはロックアウトを含みますが、これらに限定されません。
第48条(本サービスの提供の停止等)
  1. 当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、お客様に事前に通知することなく本サービスの全部又は一部の提供を停止・中断することができるものとします。① 本サービスにかかるコンピューターシステムの保守点検又は更新を行う場合② コンピューター又は通信回線等が事故により停止した場合③ 電気通信事業者等による電気通信等の供給が困難になった場合④ 当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
  2. 当社は、本サービスの提供の停止又は中断により、お客様又は第三者が被ったいかなる不利益又は損害についても、一切の責任を負わないものとします。
第49条(反社会的勢力の排除)

お客様は、次の各号に掲げる事項を表明し、且つ将来に渡っても保証するものとします。当社は、お客様がこの表明保証に違反した場合、何らの催告なしに直ちに本サービスにかかる利用契約を解除することができるものとします。
① 自らが、暴力団、暴力団員、暴力団関係者、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等といった反社会的勢力(以下「反社会的勢力」という。)でないこと、且つ反社会的勢力でなかったこと
② 自らが反社会的勢力に対し、不適切な出資、貸付、資金提供、役務提供等をしていないこと、又は反社会的勢力と何らかの不適切な取引をしていないこと
③ 前二号に掲げる場合のほか、自らが反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を持っていないこと
④ 自らが、自ら又は第三者を利用して、相手方に暴行、傷害、脅迫、恐喝、威圧等の暴力的行為又は詐欺的手法等を用いて不当な要求行為等を行わないこと

第50条(損害賠償)
  1. お客様に対する当社の損害賠償責任は、当該損害が当社の故意又は過失による場合を除き、いかなる場合にも発生しないものとします。
  2. 当社がお客様に対して損害賠償責任を負うことになった場合の上限金額は、当社の故意又は重過失による場合を除き、その損害の原因となった本サービスに関連して過去1年間にお客様から当社に支払われた金額を上限とします。
第51条(本規約の変更)
  1. 当社は、本規約の変更が必要であると判断した場合には、民法その他の法令の規定に基づき、本規約に係る契約の目的に反せず、かつ合理的な範囲で、本規約を変更することができます。
  2. 本規約を変更する場合、当社は、当社のウェブサイトにて本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期を告知します。変更の効力発生時期の後にお客様が本サービスを引き続きご利用されている場合、お客様は、当該変更内容を承諾し、それに法的に拘束されることに同意したものとみなされます。本規約の変更に同意しないお客様は、本サービスの利用を停止してください。
第52条(価格設定、変更、及び価格修正)

当社は、homehubプロダクト及び本サービスのホームページ上に表示される製品の価格について、これを変更し、意図せず起こる価格表示の誤りを修正する権利を有するものとします。

第53条(譲渡禁止)

お客様は、本規約に基づく権利義務(アカウントを含みますが、これに限られません。)について、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできないものとします。

第54条(可分性)

本規約の一部条項が法令によって無効となった場合でも、当該条項を除く本規約の他の条項は、法令で有効と認められる範囲で依然として有効に存続するものとします。

第55条(準拠法)

本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。

第56条(裁判管轄)

本規約に起因し、又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【改訂履歴】

2019年5月2日制定

2019年9月1日一部改定

2020年4月1日一部改定

2020年4月28日一部改定

2020年6月30日一部改定

2021年4月1日一部改定

2021年9月1日一部改定

2022年4月1日一部改定

バッテリーケア利用規約

バッテリーケア利用規約とは、お客様と弊社との契約です。バッテリーケアに含まれるサービス(以下、「バッテリーケアサービス」といいます。)を利用する際に、これらの規約へ同意する必要があります。バッテリーケア利用規約は、利用規約の一部として構成され、バッテリーケア利用規約に記載されていない事項は利用規約に準拠するものといたします。本サービスを利用した場合は、バッテリーケア利用規約を承諾し、本契約の当事者となることに同意したものとみなされます。

第1条(バッテリーケアが提供する価値)

お客様に安心してご利用いただけるように、対象製品の電池残量の情報を弊社が取得し、お客様が指定する配送先の住所(以下、「配送先住所」といいます。)に、交換用の電池をお届けします。お客様がご自身で購入していただく必要はございません。

第2条(バッテリーケアの対象製品)
  1. バッテリーケアの対象製品は以下の通りです。
    (ア) bitlock LITE
    (イ) bitlcok MINI
  2. 対象製品ごとに、申込方法・発送条件・利用回数などが異なります。
  3. 申込方法が付帯申込パターンの場合、第7条(料金)及び第8条(送料)の条項は適用除外となります。
第3条(申込方法)
  1. 申込方法は、以下2通りあります。
    (ア) 対象製品とは別に、追加でお申し込みをいただく方法(以下、「追加申込パターン」といいます)
    (イ) 対象製品に付帯しているため、対象製品のお申し込みにより、バッテリーケアの申し込みも完了する方法(以下、「付帯申込パターン」といいます。)
  2. 追加申し込みパターンの申込方法等は以下の通りです。
    (ア) 「Bitkey Store」にて、対象製品本体のお申込みと同時に、あるいはマイページの対象製品の購入履歴からお申し込みください。
    (イ) お客様の注文に対して、弊社から次のいずれかの連絡をした時点でその注文は確定します。
    ① 注文内容及び注文番号を記載した、注文の確定を通知する電子メールの発信
    ② その他、弊社所定の方法による承諾の連絡
    (ウ) 注文確定後の、お客様都合でのキャンセルは、一切お受けすることができません。
  3. 付帯申込パターンの申込方法等は以下の通りです。
    (ア) 対象製品本体のお申込みと同時に、バッテリーケアのお申込みも完了します。
    (イ) 対象製品はバッテリーケアと一体でのご提供となりますので、バッテリーケアを提供対象外にすることはできません。
第4条(交換電池の発送方法)
  1. 交換電池の発送方法は、以下2通りあります。
    (ア) 電池残量が基準値以下になると、お客様が登録した配送先住所に自動で発送する方法(以下、「自動発送パターン」といいます。)
    (イ) 電池残量が基準値以下になると、利用者向けソフトウェアで、配送先住所の確認通知を行い、お客様が配送先住所に間違いないことの承認をいただいた後に、発送する方法(以下、「承認発送パターン」といいます。)
  2. 利用者向けソフトウェアもしくはメールにて、交換電池を発送した旨を通知し、通知日から原則1週間以内でお客様のご自宅に電池をお届けします。(※一部の離島へは通常より期間を要する場合がございますので予めご了承ください。)
  3. お客様がご登録した配送先住所は、マイページからご確認いただけます。必要に応じて変更ください。
  4. バッテリーケアサービスの利用地域は、日本国内に限定されております。
  5. 対象製品には、発送時点で電池が同梱されており、対象製品から絶縁シートを引き抜くまでは電池消耗が開始されません。自宅利用であれば、最初から同梱されている電池で、消耗開始日からおよそ1年程度は継続して稼働できるものと想定しています。
  6. 自動発送パターンの場合、弊社から、交換用電池を発送する前に、アカウント情報としてお客様に登録していただいているメールアドレス宛に、配送先住所が最新かどうかのご確認をお願いするメールを弊社より発信する場合がございます。
第5条(バッテリーケアの利用回数)
  1. バッテリーケアの利用回数は、以下2通りあります。
    (ア) 対象期間中において、交換用電池をお届けできる回数に上限がある場合(以下、「上限回数ありパターン」といいます。)
    (イ) 対象期間中において、交換用電池をお届けできる回数に上限がない場合(以下、「上限回数なしパターン」といいます。)
  2. 規定回数内であれば、追加費用を頂かずに交換用の電池をお届けいたします。
  3. 上限回数ありパターンの場合、利用回数の上限を超えた電池交換が発生した場合でも、電池残量低下の通知は行います。お客様のご希望にて、有料で追加のバッテリーケアサービスをご利用いただくことができます。
  4. 上限回数なしパターンの場合、短期間で複数回の交換が行われる場合には、メールや利用者向けソフトウェア等でお客様にヒアリングを行います。ヒアリングの結果、不正利用(電力残数値が少ない電池を入れ直す等)が判明した場合には、不正利用があった分の交換電池費用を別途請求させていただきます。
第6条(対象期間)
  1. バッテリーケア契約の対象期間は、利用規約 第11条(利用期間)に記載のサービス利用期間に準拠します。
  2. 対象製品のご利用が継続される限り、バッテリーケア契約は、毎年同一条件にて自動更新することといたします。
  3. 対象製品利用期間の途中で、バッテリーケア契約だけを解約することはできません。予めご了承ください。
  4. 追加申込パターンで、対象となる対象製品のサービス利用期間の途中にバッテリーケア契約をお申し込みいただいた場合でも、バッテリーケア契約の対象期間はサービス利用期間と同一期間となります。
第7条(料金)
  1. バッテリーケア契約の料金は、商品・サービスのホームページ上に掲載します。なおキャンペーンの開催などにより、お客様にご連絡なく、価格を変更する場合があります。
  2. お支払い方法は次の2通りです。
    ① 年額支払形式:1年分の料金を一括でお支払いいただく。
    ② 月額支払形式:1年分の料金を12回に分割して月毎にお支払いいただく。ただし、サービス利用期間の途中でバッテリーケアをお申し込みいただいた場合は、経過期間分を初回に合算してお支払いいただきます。
    ① 年額支払形式:1年分の料金を一括でお支払いいただく。
    ② 月額支払形式:1年分の料金を12回に分割して月毎にお支払いいただく。ただし、サービス利用期間の途中でバッテリーケアをお申し込みいただいた場合は、経過期間分を初回に合算してお支払いいただきます。
第8条(送料の扱い)

配送先住所へお届けするための送料は、前項記載の料金に含まれております。(※一部の離島へは通常の送料に別料金を頂く場合がございますので予めご了承ください。)

第9条(提供する電池)
  1. CR123Aという規格の乾電池を利用しています。
  2. 弊社にて、具体的なメーカーや製品の選択をいたします。

第10条(電池の交換方法)

レ利用者向けソフトウェアまたはサポートサイトをご覧いただき、電池交換を行ってください。

第11条(バッテリーケアの対象範囲)
  1. バッテリーケア契約1件の対象範囲は、対象製品1台となります。
  2. 対象製品を複数台ご利用いただいており、それぞれにバッテリーケアサービスをご利用される場合には、対象製品の利用台数分のバッテリーケア契約が必要になります。
  3. バッテリーケアサービスは、個人の住居利用を想定したサービスであり、事業利用の場合はサービス対象外となります。ただし、対象製品を事業者貸与パターンでご利用する方は、バッテリーケアサービスの対象です。
第12条(サービス対象の継承)
  1. 対象製品が、経年劣化による自然故障などで交換された場合には、バッテリーケアの対象端末は交換された対象製品に切り替わります。
  2. 今後、発売が予定されている対象製品の後継バージョンにアップグレードされる際には、利用する電池の規格や本数が変わる可能性があり、プラン内容も変更になる可能性があります。
  3. バッテリーケア契約のみ、サービス利用期間の途中で解約することはできません。
第14条(対象製品の解約及びアカウント退会の扱い)
  1. 対対象製品自体がキャンセルもしくは解約になった場合、あるいはアカウント自体が停止もしくは退会となった場合には、自動的にバッテリーケアの契約も解約となります。
  2. 前項に基づき、バッテリーケア契約が解約となった場合でも、追加申込パターンの場合には、利用期間中の料金を頂きます。
第15条(免責)
  1. 対象製品は、セキュリティ強化のためにネットワークから切り離されております。電池残量の情報、別途お客様のスマートフォンにインストールしていただく利用者向けソフトウェアより確認させていただきますので、定期的に利用者向けソフトウェアがインストールされたスマートフォンを対象製品に近づけていただきますようお願いいたします。(通常の自宅利用での開錠/施錠が行われていれば問題ありません。)
  2. お客様の配送先住所が最新のものでなく、お客様のお手元に交換用電池がお届けできない場合には、弊社は責任を持つことができません。
  3. 電池メーカーによる製造ペースの減少、製造停止によって交換用電池の在庫に影響が発生した場 合、お客様へのお届けが遅れる場合がございます。
  4. 業務委託先である倉庫業者、配送業者による過失などによって、お客様への交換用電池のお届けに遅れが出る可能性があります。
  5. 追加申込パターンの場合において、お客様のお支払いに滞納があるときは、弊社は、交換用電池の発送を停止する可能性があります。
  6. 追加申込パターンの場合において、お客様が受け取らずに交換用電池が出荷元に返送されたときでも、配送のための費用は発生するため、利用上限回数のうち1回として計上させていただきます。

【改訂履歴】

2019年5月2日制定

2021年12月15日改定

顔認証サービス利用特約(個人利用)
第1条(本利用規約の内容)
  1. 本特約は、当社の提供する本顔認証サービスを利用するお客様と当社との契約条件を定めるものです。
  2. 本特約は、利用規約(以下「原規約」といいます。)の一部として構成され、本特約と原規約に矛盾齟齬がある場合には本特約が優先し、本特約に記載されていない事項は原規約に準拠するものといたします。
  3. お客様は、当社との間で本顔認証サービスに係る契約を別途締結した事業者等(管理会社等の事業者や、コワーキングスペース事業者を含みますが、これに限られません。以下「貸出事業者」といいます。)からお客様が本顔認証サービスの貸出を受けて、本顔認証サービスをご利用ください。
  4. 本特約が適用される場合、原規約における記載を以下のとおり読み替えるものとします「レンタル品」との記載は、「本顔認証サービス」に読み替えます。「レンタル品利用期間」は、「本顔認証サービス利用期間」と読み替えます。
  5. 本特約が適用される場合、原規約のうち、第10条(レンタル品の扱い)、第12条(レンタル品交換サービス)から第14条(レンタル品の毀損)まで、第21条(注文方法)から第37条(設置方法について)まで、並びに第41条(解約手続)及び第42条(レンタル品早期解約事務手数料)の条項は適用除外となります。
  6. お客様は、原規約及び本特約に同意しない限り、本顔認証サービスを利用していただくことはできません。
  7. お客様は、本特約に同意しない限り、当社サービスにアクセスしたり、当社サービスを利用していただくことはできません。
  8. お客様が本顔認証サービスをご利用いただいた時に、お客様は原規約及び本特約に同意したものとみなされます。

第2条(本顔認証サービスが提供する価値)

本顔認証サービスは、お客様が原規約に同意の上で登録されたアカウントに紐付けて、顔情報をご登録いただき、当社の顔認証技術を用いてご登録いただいた顔情報の認証を行うことにより、当社又は当社提携企業のプロダクト・サービスを操作・利用することを可能にさせるサービスです。

第3条(定義)

本特約における用語の意味は、次に定めるものとし、別段の定めがない場合には、原規約に従うものとします。

  1. 「マニュアル」とは、当社が定める本顔認証サービスの設定・利用に関する資料を意味します。マニュアルは、利用者向けソフトウェアから確認いただけます。
  2. 「利用環境」とは、本顔認証サービスを利用するために必要となる、コンピューター、タブレット、スマートフォンその他の機器、ソフトウェア、通信回線その他の通信環境等を意味します。
  3. 「登録コード」とは、本顔認証サービスに顔情報を登録する際に必要なコードの総称を意味します。
第4条(アカウント)
  1. お客様が本顔認証サービスを利用するためには、原規約に基づくアカウント登録が必要です。
  2. お客様は、本製品を利用するお客様の家族、友人等に対し、原規約及び本特約に定める条件を周知し、これに従わせるものとします。お客様の家族、友人等による原規約及び本特約の違反は、お客様による違反とみなすものとし、お客様は、当社に対し、当該違反による一切の責任を負うものとします。
  3. 16歳以上の未成年者は、従属アカウント(第5条に定めます。)ではなく自らのアカウントを登録する場合、当該未成年者が、ご両親その他の法定代理人に、原規約、本特約及びプライバシーポリシーの内容を説明し、これによって生じる結果に同意を得た上で、原規約に基づくアカウントを登録することが可能です。
  4. 16歳未満の未成年者は、原規約第26条(未成年のお客様による注文)の定めに関わらず、いかなる場合にも、本顔認証サービスの利用にあたり原規約に基づくアカウントを登録することができません。
第5条(従属アカウント)
  1. お客様は、お客様の関係者(家族を含みますが、これに限りません。以下「お客様関係者」といいます。)に、原規約、本特約及びプライバシーポリシーに定める内容を説明し、これによって生じる結果に同意を得た上で、自らの権限において、お客様関係者の従属アカウントを登録することができ、かかる従属アカウントを用いてお客様関係者本顔認証サービスを利用させることができます。
  2. お客様関係者の従属アカウントは、お客様のアカウントの管理下にあるアカウントであり、お客様のアカウントが停止、消去又は解約された場合には、当該従属アカウントも停止、消去又は解約されます。
  3. 第1項に基づき、成人のお客様のお客様関係者として未成年者の従属アカウントを登録する場合、未成年者のご両親その他の法定代理人が、原規約、本特約及びプライバシーポリシーに定める内容に同意し、未成年者にもその内容を説明し、可能な限り理解させるものとします。なお、お客様関係者の未成年者が16歳以上の場合、お客様は、当該未成年者に、ご両親その他の法定代理人に利用者向けの利用規約及びプライバシーポリシーの内容を説明させ、これによって生じる結果に同意を得させた上で、未成年者の従属アカウントを登録することも可能です。
  4. 貸出事業者から本顔認証サービスを利用可能な従属アカウントの範囲について別途指定があるときは、お客様は当該指定に従ってください。
  5. お客様関係者の従属アカウントによる原規約及び本特約の違反は、お客様による違反とみなすものとし、お客様は、当社に対し、当該違反による一切の責任を負うものとします。
第6条(顔情報の登録)
  1. お客様は、本顔認証サービスの利用にあたり、原規約に同意の上で登録されたアカウントに紐付けて、顔情報をご登録ください。
  2. 利用者向けソフトウェア、又はお客様若しくは貸出事業者の利用環境のタブレット等から顔情報をご登録いただけます。
  3. お客様が、利用者向けソフトウェアから顔情報を登録する場合には、登録済みの自らのアカウントにログインし、本特約及びプライバシーポリシーに同意いただいた上で、顔情報をご登録ください。
  4. お客様が、貸出事業者の利用環境のタブレットから顔情報を登録する場合には、まず、当該貸出事業者から本顔認証サービスの利用提案を受けてください。次に、原規約に基づき新規にアカウントを登録するか又は登録済みの自らのアカウントにログインし、本特約及びプライバシーポリシーに同意した上で、その利用提案を承諾し、本顔認証サービスを利用するための登録コードの発行を受けてください。そして、お客様は、貸出事業者が本顔認証サービスのために準備・維持する利用環境であるタブレットに、登録コードを入力の上、タブレットのインカメラを用いて自身の顔を撮影し、自らのアカウントに紐付ける顔情報として登録してください。
  5. 16歳以上の未成年者は、従属アカウントではなく自らのアカウントに自らの顔情報を登録する場合、当該未成年者が、ご両親その他の法定代理人に、原規約、本特約及びプライバシーポリシーの内容を説明し、これによって生じる結果に同意を得た上で、顔情報を登録することが可能です。16歳未満の未成年者については、本特約第4条第4項に定めるとおり、本顔認証サービスの利用にあたり原規約に基づくアカウントを登録することができないため、次条に基づき、従属アカウントに顔情報を登録してください。
第7条(従属アカウントの顔情報の登録)
  1. お客様は、従属アカウントに本顔認証サービスを利用させる場合、従属アカウントを持つお客様関係者に、原規約、本特約及びプライバシーポリシーに定める内容を説明し、これによって生じる結果に同意を得た上で、自らの権限において、従属アカウントを持つお客様関係者の顔情報を当該従属アカウントに登録するものとします。
  2. 前項のほか、お客様関係者の従属アカウントが、お客様に対し、お客様関係者の顔情報を従属アカウントに登録することの申請をし、お客様がこれを承諾することで、従属アカウントを持つお客様関係者が顔情報を登録することもできます。
  3. 未成年者の従属アカウントに当該未成年者の顔情報を登録する場合、未成年者の法定代理人が、原規約、本特約及びプライバシーポリシーに定める内容に同意し、未成年者にもその内容を説明し、可能な限り理解させるものとします。なお、当該未成年者が16歳以上の場合には、当該未成年者が、ご両親その他の法定代理人に、原規約、本特約及びプライバシーポリシーの内容を説明し、これによって生じる結果に同意を得た上で、従属アカウントに顔情報を登録することも可能です。
第8条(顔情報登録後のお客様の権利)

お客様は、当社の顔認証技術を用いて、自らのアカウントに紐付けて登録した顔情報及びお客様関係者の従属アカウントに登録した顔情報の認証を行うことにより、当社又は当社提携企業のプロダクト・サービスを操作・利用することが可能になります。

第9条(本顔認証サービスの利用管理)
  1. お客様は、利用者向けソフトウェアから、本顔認証サービスのために登録した顔情報、本顔認証サービスを利用対象としているプロダクト・サービスを確認することが出来ます。
  2. お客様は、利用者向けソフトウェアから、本顔認証サービスを利用対象としているプロダクト・サービス毎に、本顔認証サービスの利用を停止することができます。

第10条(顔情報の削除)

お客様は、利用者向けソフトウェアから、本顔認証サービスのために登録した顔情報を削除することが出来ます。

第11条(利用期間)

原規約第11条(レンタル品利用期間)は、以下のとおり読み替えます。

貸出事業者と当社との間の本顔認証サービスに係る契約が終了した場合には、本顔認証サービス利用期間も終了するものとします。

第12条(禁止行為)

お客様は、本顔認証サービスの利用にあたり、原規約第39条に定める行為のほか、以下の各項の行為を行ってはいけません。

  1. 貸出事業者が別途指定する範囲を超えて、従属アカウントに登録コードを発行し、本顔認証サービスを利用させること
  2. 登録コードを第三者に譲渡又は賃貸すること及び第三者の登録コードを用いて自身の顔写真を登録すること
  3. 従属アカウントに、登録コードを第三者に譲渡又は賃貸させること及び第三者の登録コードを用いて自身の顔写真を登録させること
  4. 当社ECサイト、マニュアル及び利用者向けソフトウェアにおいて明示されている利用方法以外の方法で、本顔認証サービスを利用すること
第13条(本顔認証サービス解約手続き)

お客様は、本顔認証サービスの貸出を解約する場合には、貸出事業者にお問い合わせください。なお、貸出事業者とお客様との間の契約等が継続中であっても、お客様がお客様のアカウント登録を退会してしまうと、本顔認証サービスをご利用できなくなってしまいますのでご留意ください。

第14条(保証の否認及び免責事項)
  1. レンタル品が毀損又は滅失した場合、毀損又は滅失が、お客様の責に帰すべき事由(錠確認の未実施、推奨外の錠や物への設置、レンタル品の改造、推奨外の方法による使用、故意又は過失による破壊等を含みますが、これらに限りません。)による場合は、当社は、レンタル品の交換サービスを含むいかなるサポートも対応しないものとし、かつ、修理費等、修理に際して当社が支出した費用をお客様に請求できるものとします。
  2. レンタル品を毀損又は滅失した場合、直ちに当社カスタマーサポート(support@bitkey.jp)にご連絡いただき、当社が指定する指定期日及び指定場所に返送ください。
  3. 第1項にかかわらず、お客様から返送いただいたレンタル品を当社にて確認し、お客様の利用方法に過失がある(例えば、不自然な本体の割れ、ネジ外れなど)場合であって、当該レンタル品が再使用不能及び修理不能の状態であることが確認された場合は、お客様に、当社が算出したレンタル品の価格と同額を弁償していただく場合がございます。
第15条(譲渡禁止)

お客様は、当社の書面による事前の承諾なく、原規約及び本特約上の地位又は原規約及び本特約に基づく権利義務(アカウントを含みますが、これに限られません。)につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできないものとします。

【改訂履歴】

2020年11月26日制定

2021年4月1日一部改定

2022年4月1日一部改定

Amazon購入特約
第1条(特約の内容)
  1. 本特約は、Amazonで当社の製品・サービスを購入されたお客様に適用されます。
  2. 本特約は、原規約の一部として構成され、本特約と原規約に矛盾齟齬がある場合には本特約が優先し、本特約に記載されていない事項は、原規約に準拠するものとします。
  3. 本特約が適用される場合、原規約における記載を以下のとおり読み替えるものとします。
  4. 「レンタル品」との記載は、「Amazon購入品」に読み替えます。
  5. 「homehub.site」、「ECサイト『homehub.site』」及び「当社ECサイト『homehub.site』」との記載は、「Amazon」と読み替えます。ただし、原規約第3条(定義)第2項を除きます。
  6. 「レンタル品利用期間」は、「ソフトウェア使用期間」と読み替えます。
  7. 原規約第3条(定義)第4項は、以下のとおり読み替えます。
  8. 「『Amazon購入品』とは、お客様がAmazonで購入された、当社が本サービスに際して提供する製品商品・サービスを意味します。」
  9. 本特約が適用される場合、原規約の以下の条項は適用除外となります。
    (ア) 第14条(レンタル品の毀損等)
    (イ) 第31条(発送)
    (ウ) 第32条(お届け・受け取り期限)
    (エ) 第34条(送料)
    (オ) 第35条(配送方法)
    (カ) 第41条(解約手続)
    (キ) 第42条(レンタル品早期解約事務手数料)
  10. お客様は、本特約に同意しない限り、当社サービスにアクセスしたり、当社サービスを利用していただくことはできません。
  11. お客様が当社サービスに登録、または当社サービスを利用した場合は、本特約に同意したものとみなされます。

第2条(Amazon購入品の扱い)

原規約第10条(レンタル品の扱い)は、以下のとおり読み替えます。

  1. 当社Amazon購入品は、内部に組み込まれた(以下、「ファームウェア」といいます。)も含めて、特定期間内のサービス使用権を販売する方式(以下「サブスクリプション形式」といいます。)にて販売しております。
  2. 月額分割払いまたは年額一括払いの形式にてサービス利用料をお支払いのうえ、ご利用いただくことができます。かかる支払形式は、利用者向けソフトェアにてご選択いただきます。
  3. 当社お客様がAmazonでAmazon購入品を購入した場合、次条に定めるソフトウェア使用期間における初年度の使用権が無料で付与されます。翌年度以降は、前項に基づき選択された支払形式にて、サービス使用権料を当社にお支払いいただきます。
  4. 当社は、サブスクリプション契約の期間中について、利用者向けソフトウェアを経由してファームウェアへのアップデートを行い、機能追加や修正を行います。
  5. Amazon購入品の所有権は、お客様に帰属します。解約の際に、当社にご返送いただく必要はございません。

第3条(使用期間)

原規約第11条(レンタル品利用期間)は、以下のとおり読み替えます。

  1. Amazon購入品の使用期間は、お客様からご注文いただいた後に、お客様がAmazon購入品を利用するために、原規約及び本特約に同意の上、利用者向けソフトウェアの利用を開始した日付を起算日とし、支払方法を問わず1年間といたします。(以下、「サービス使用期間」といいます。)
  2. お客様が解約手続きを完了しない場合は、同一条件にて毎年自動更新されるものといたします。

第4条(交換サービスに関するお客様の義務)

原規約第13条(レンタル品交換サービスに関するお客様の義務)第5項は、以下のとおり読み替えます。

  1. 「ご返却いただいたAmazon購入品を当社が確認し、明らかに故意の破壊・分解と見なされる状態(例えば、不自然な本体の割れ、ネジ外れなど)であると当社が判断した場合には、交換サービスは実施せず、ご返却いただいたAmazon購入品を、現状有姿でお客様に返送させていただきます。この場合には、返送にかかった送料を請求いたします」
第5条(注文方法)

原規約第21条(注文方法)は、以下のとおり読み替えます。

  1. Amazon購入品の注文は、Amazonの商品ページから、ご注文手続をお願いいたします。
  2. サービス使用権は、初年度分は無料で付与されるため、特別な購入申込手続は不要です。翌年度以降は、本特約第2条第2項に基づき選択された支払形式にて、自動的にサービス使用権料を請求させていただきます。
第6条(決済方法の選択)

原規約第22条(決済方法の選択)は、以下のとおり読み替えます。

  1. Amazon購入品の注文にあたりお客様が選択できる決済方法は、Amazonの利用規約をご確認ください。
  2. サービス使用権料を当社にお支払いいただくにあたり、お客様が選択できる決済方法は、利用者向けソフトェアにて表示します。
  3. サービス使用権料のお支払いに関して、お客様が選べる決済方法は、順次増えていく見込みであり、当社の判断で、お客様に通知することなく増やしていけるものとします。
  4. サービス使用権料のお支払いに関して、お客様が第三者の提供する決済手段(たとえば、クレジットカード)を利用する場合、お客様とその第三者においては、その決済手段に対して第三者の定める審査基準(その第三者の判断により利用できない場合あり)、規約その他条件が適用され、当社は、お客様による決済手段の利用を可能にするために、債権譲渡その他必要な措置を講じることがあります。
  5. サービス使用権料のお支払いに関して、お客様は、自己の正当な権限・管理のもと、自己の責任で、第三者の提供する決済手段を利用するものとします。
第7条(デビットカード利用における注意事項)

原規約第23条(デビットカード利用における注意事項)第1項は、以下のとおり読み替えます。

「デビット機能付きのクレジットカードでサービス使用権料をお支払いされる場合、購入手続き後、即時にクレジットの認証が行われ、代金がご指定の預金口座から引き落とされる場合があります。」

第8条(注文の確定)

原規約第24条(注文の確定)は、以下のとおり読み替えます。

Amazon購入品の注文は、Amazonの利用規約に則り、確定します。

サービス使用権の購入申込みは、本特約第3条第1項に基づき、サービス使用期間が開始した時に確定するものとします。

第9条(注文後のキャンセル及び内容変更)

原規約第25条(注文後のキャンセル及び内容変更)は、以下のとおり読み替えます。

Amazon購入品の注文確定後のキャンセルは、Amazonのキャンセルポリシーに則り、Amazonが対応します。詳細は、Amazonのキャンセルポリシーをご確認ください。

サービス使用権の購入申込は、申込後は、お客様都合でのキャンセル及び内容変更は、一切お受けすることができません。

第10条(Bitkeyによるキャンセル等)

原規約第27条(Bitkeyによる注文のキャンセル等)は、以下のとおり読み替えます。

当社は、お客様によるサービス使用権の購入申込後、次のいずれかに該当する場合、お客様への連絡を行うことなく、申込のキャンセル、サービス提供の停止、その他必要と判断する対応をとることができます。

  1. お客様が当社の定める禁止行為を行った場合、またはその恐れがあると当社が判断した場合
  2. お客様が「homehub.site」の利用条件(本規約や各商品・サービス特有の条件を含む)に違反した場合
  3. 支払遅延の場合
  4. Amazon購入品の故障・トラブルならびに通信回線の障害等により、お客様のデータが消失等した場合
  5. 地震、台風等の天災地変、火災、戦争、テロ、伝染病、感染症、その他の不可抗力事由が生じた結果、当社が本サービスの提供を行うことが困難になった場合
第11条(価格)

原規約第28条(価格)第1項は、以下のとおり読み替えます。

  1. 「Amazon購入品の本体代金及びサービス使用権料は、Amazon商品購入ページ上に掲載します。また、サービス使用権料は、利用者向けソフトェアにも表示します。」
第12条(支払方法・支払時期)
  1. 原規約第29条(支払方法・支払時期)は、以下のとおり読み替えます。
  2. Amazon購入品の支払方法・支払時期は、Amazonの利用規約をご確認ください。
  3. サービス使用権料のお支払いに関して、お客様は、利用者向けソフトウェアにて選択した支払方法によって、指定の支払時期までに支払うものとします。
  4. サービス使用権料に関して、お客様が、サービス使用権の解約や、アカウントを退会した場合でも、未払料金の支払義務の履行を免れることはないものとします。
第13条(支払いが延滞した場合)

原規約第30条(支払いが延滞した場合)は、以下のとおり読み替えます。

  1. お客様がサービス使用権料の支払を遅滞した場合には、お客様は年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。
  2. お客様が指定した支払方法で決済エラーが発生し、サービス使用権料の決済が一定期間継続して実行されなかったときは、解約の扱いとします。この場合、Amazon購入品の機能を制限させていただく場合があります。なお、お客様は未払料金の支払義務の履行を免れることはありません。
第14条(サービス提供先地域)

原規約第33条(配送先地域)は、以下のとおり読み替えます。

  1. 「本サービスの提供先は、日本国内限定です。」
第15条(不具合・契約不適合への対応)

原規約第36条(不具合・契約不適合への対応)は、以下のとおり読み替えます。

  1. 「Amazonから届いた商品について、ご注文内容と異なる製品が届いた場合や、配送中に製品が破損していた場合など、不具合または契約不適合があった場合、Amazonにお問合せください。」
第16条(解約)
  1. Amazon購入品が不要になり、サービス使用権を解約する場合、メールにて当社カスタマーサポート(support@bitkey.jp)にご連絡ください。
  2. 前項に基づく解約手続きが完了後、Amazon購入品の機能の一部又は全部が利用できなくなります。Amazon購入品は、お客様ご自身にて、各自治体が定める方法にて廃棄してください。
  3. Amazon購入品サービス使用期間終了後に、Amazon購入品に関して、第三者に対する転売、賃借及び譲渡等、並びにリバースエンジニアリング行為等は行わないでください。お客様がAmazon購入品を第三者に転売、賃借及び譲渡をされた場合であっても、当社は、当該Amazon購入品に関して、お客様及び第三者の方に対し、本サービス、サポート及び保証を一切提供いたしません。
  4. サービス使用権のお支払い方法として、年払いを選択されたお客様について、解約後も、既にいただいた年間利用料は一切返還いたしません。また、月額払を選択されたお客様について、解約後も、当月の残りの日数に相応する日割りの使用料は一切返還いたしません。

【改訂履歴】

2020年10月2日制定

2022年4月1日制定


EVERING購入特約

お客様がEVERING ONLINE STOREで当社商品とサービスを購入された場合、利用規約(以下、「原規約」といいます。)に追加して「EVERING 購入特約」(以下、「本特約」といいます。)に同意のうえ、ご利用ください。

第1条(特約の内容)
  1. 本特約は、EVERINGで当社の製品・サービスを購入されたお客様に適用されます。
  1. 本特約は、原規約の一部として構成され、本特約と原規約に矛盾齟齬がある場合には本特約が優先し、本特約に記載されていない事項は、原規約に準拠するものとします。
  1. 本特約が適用される場合、原規約における記載を以下のとおり読み替えるものとします。
    (ア)「レンタル品」との記載は、「EVERING経由レンタル品」に読み替えます。
    (イ)「homehub.site」、「ECサイト『homehub.site』」及び「当社ECサイト『homehub.site』」との記載は、「EVERING ONLINE STORE」と読み替えます。ただし、原規約第3条(定義)第2項を除きます。
    (ウ)「レンタル品利用期間」は、「EVERING経由レンタル品利用期間」と読み替えます。
  1. 原規約第3条(定義)第4項は、以下のとおり読み替えます。

「『EVERING経由レンタル品』とは、お客様がEVERINGで購入された、当社が本サービスに際して提供する製品・サービスを意味します。」

  1. 本特約が適用される場合、原規約の以下の条項は適用除外となります。
    (ア) 第31条(発送)
    (イ) 第32条(お届け・受け取り期限)
    (ウ) 第34条(送料)
    (エ) 第35条(配送方法)
  1. お客様は、本特約に同意しない限り、当社サービスにアクセスしたり、当社サービスを利用していただくことはできません。
  1. お客様が当社サービスに登録、または当社サービスを利用した場合は、本特約に同意したものとみなされます。

第2条(EVERING経由レンタル品の扱い)

原規約第10条(レンタル品の扱い)は、以下のとおり読み替えます。

  1. EVERING経由レンタル品は、内部に組み込まれた(以下、「ファームウェア」といいます。)も含めて、特定期間内のサービス使用権を販売する方式(以下「サブスクリプション形式」といいます。)にて販売しております。
  2. 年額一括前払いの形式にてサービス利用料をお支払いのうえ、ご利用いただくことができます。
  3. お客様がEVERINGでEVERING経由レンタル品を購入した場合、次条に定めるソフトウェア使用期間における初年度の使用権が無料で付与されます。翌年度以降は、前項に基づき選択された支払形式にて、サービス使用権料を当社にお支払いいただきます。
  4. 当社は、サブスクリプション契約の期間中について、利用者向けソフトウェアを経由してファームウェアへのアップデートを行い、機能追加や修正を行います。
  5. EVERING経由レンタル品の所有権は、お客様に帰属します。解約の際に、当社にご返送いただく必要はございません。
第3条(EVERING経由レンタル品利用期間)

原規約第11条(レンタル品利用期間)は、以下のとおり読み替えます。

  1. EVERING経由レンタル品の使用期間は、お客様からご注文いただいた後に、お客様がEVERING経由レンタル品を利用するために、原規約及び本特約に同意の上、利用者向けソフトウェアの利用を開始した日付を起算日とし、支払方法を問わず2年間といたします。(以下、「EVERING経由レンタル品利用期間」といいます。)
  2. お客様がEVERING経由レンタル品利用期間終了日の 30 日前までに解約手続きを完了しない場合は、同一条件(ただし、更新後のEVERING経由レンタル品利用期間は1年間とします)にて毎年自動更新されるものといたします。
第4条(注文方法)

原規約第21条(注文方法)は、以下のとおり読み替えます。

  1. EVERING経由レンタル品の注文は、EVERING ONLINE STOREの商品ページから、ご注文手続をお願いいたします。
  2. サービス使用権は、初年度分は無料で付与されるため、特別な購入申込手続は不要です。翌年度以降は、本特約第2条第2項に基づく支払形式にて、自動的にサービス使用権料を請求させていただきます。」
第5条(決済方法の選択)

原規約第22条(決済方法の選択)は、以下のとおり読み替えます。

  1. EVERING経由レンタル品の注文にあたりお客様が選択できる決済方法は、EVERINGの特定商取引法に関する記載をご確認ください。
  2. サービス使用権料を当社にお支払いいただくにあたり、お客様が選択できる決済方法は、利用者向けソフトウェアにて表示します。
  3. サービス使用権料のお支払いに関して、お客様が選べる決済方法は、順次増えていく見込みであり、当社の判断で、お客様に通知することなく増やしていけるものとします。
  4. サービス使用権料のお支払いに関して、お客様が第三者の提供する決済手段(たとえば、クレジットカード)を利用する場合、お客様とその第三者においては、その決済手段に対して第三者の定める審査基準(その第三者の判断により利用できない場合あり)、規約その他条件が適用され、当社は、お客様による決済手段の利用を可能にするために、債権譲渡その他必要な措置を講じることがあります。
  5. サービス使用権料のお支払いに関して、お客様は、自己の正当な権限・管理のもと、自己の責任で、第三者の提供する決済手段を利用するものとします。
第6条(デビットカード利用における注意事項)

原規約第23条(デビットカード利用における注意事項)第1項は、以下のとおり読み替えます。

「デビット機能付きのクレジットカードでサービス使用権料をお支払いされる場合、購入手続き後、即時にクレジットの認証が行われ、代金がご指定の預金口座から引き落とされる場合があります。」

第7条(注文の確定)

原規約第24条(注文の確定)は、以下のとおり読み替えます。

  1. EVERING経由レンタル品の注文は、EVERINGの特定商取引法に関する記載に則り、確定します。
  2. サービス使用権の購入申込みは、本特約第3条第1項に基づき、レンタル品利用期間が開始した時に確定するものとします。
第8条(注文後のキャンセル及び内容変更)

原規約第25条(注文後のキャンセル及び内容変更)は、以下のとおり読み替えます。

  1. EVERING経由レンタル品の注文確定後のキャンセルは、EVERINGのキャンセルポリシーに則り、EVERINGが対応します。詳細は、EVERINGのキャンセルポリシーをご確認ください。
  1. サービス使用権の購入申込は、申込後は、お客様都合でのキャンセル及び内容変更は、一切お受けすることができません。
第9条(Bitkeyによるキャンセル等)

原規約第27条(Bitkeyによる注文のキャンセル等)は、以下のとおり読み替えます。

当社は、お客様によるサービス使用権の購入申込後、次のいずれかに該当する場合、お客様への連絡を行うことなく、申込のキャンセル、サービス提供の停止、その他必要と判断する対応をとることができます。

① お客様が当社の定める禁止行為を行った場合、またはその恐れがあると当社が判断した場合

② お客様が「homehub.site」の利用条件(本規約や各商品・サービス特有の条件を含む)に違反した場合

③ 支払遅延の場合

④ EVERING経由レンタル品の故障・トラブルならびに通信回線の障害等により、お客様のデータが消失等した場合

⑥ 地震、台風等の天災地変、火災、戦争、テロ、伝染病、感染症、その他の不可抗力事由が生じた結果、当社が本サービスの提供を行うことが困難になった場合

第10条(価格)

原規約第28条(価格)第1項は、以下のとおり読み替えます。

  1. 「EVERING経由レンタル品の本体代金及びサービス使用権料は、EVERING ONLINE STORE商品購入ページ上に掲載します。また、サービス使用権料は、利用者向けソフトウェアにも表示します。」
第11条(支払方法・支払時期)

原規約第29条(支払方法・支払時期)は、以下のとおり読み替えます。

  1. EVERING経由レンタル品の支払方法・支払時期は、EVERINGの特定商取引法に関する記載をご確認ください。
  2. サービス使用権料のお支払いに関して、お客様は、利用者向けソフトウェアにて選択した支払方法によって、指定の支払時期までに支払うものとします。
  3. サービス使用権料に関して、お客様が、サービス使用権の解約や、アカウントを退会した場合でも、未払料金の支払義務の履行を免れることはないものとします。
第12条(支払いが延滞した場合)

原規約第30条(支払いが延滞した場合)は、以下のとおり読み替えます。

  1. お客様がサービス使用権料の支払を遅滞した場合には、お客様は年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。
  2. お客様が指定した支払方法で決済エラーが発生し、サービス使用権料の決済が一定期間継続して実行されなかったときは、解約の扱いとします。この場合、EVERING経由レンタル品の機能を制限させていただく場合があります。なお、お客様は未払料金の支払義務の履行を免れることはありません。
第13条(サービス提供先地域)
  1. 原規約第33条(配送先地域)は、以下のとおり読み替えます。
  2. 「本サービスの提供先は、日本国内限定です。」
第14条(不具合・契約不適合への対応)

原規約第36条(不具合・契約不適合への対応)は、以下のとおり読み替えます。

「EVERINGから届いた商品について、ご注文内容と異なる製品が届いた場合や、配送中に製品が破損していた場合など、不具合または契約不適合があった場合、EVERINGにお問合せください。」

第15条(EVERING経由レンタル品の早期解約事務手数料)

原規約第42条(不具合・契約不適合への対応)は、以下のとおり読み替えます。

  1. EVERING経由レンタル品について、お客様が本特約第 3 条(EVERING経由レンタル品利用期間)に記載のEVERING経由レンタル品利用期間において、翌年分のサービス使用権料をお支払いいただく前に解約する場合、次の早期解約事務手数料5,980円(税込)を請求いたします。
  2. 翌年分のサービス使用権料をお支払いいただいたお客様については、早期解約事務手数料は発生いたしませんが、既にお支払いいただいたサービス使用権料は理由を問わず一切返還いたしません。
  3. 早期解約手数料は、お客様が本特約第12条第2項で指定した支払方法に請求します。もし、決済エラーが発生した場合には、決済エラーが解消するまで前条に基づく解約手続きは完了しません。
第16条(個人情報の共同利用)

当社は、以下の内容において、個人情報保護法第 23 条第 5 項第 3 号に基づき、お客様の個人情報を、共同利用させていただきます。 なお、共同利用の取り扱いについて、見直し・追加を行う場合には、あらかじめその内容を当社のWebサイトに公表いたします。

  1. 共同利用される個人情報の項目
    ① EVERING ONLINE STORE にて、商品購入時に入力をしていただいた個人情報(お客様の氏名、住所、電話番号、メール アドレス)
    ② お問い合わせに時に頂戴した、お問い合わせ内容・ご提供いただいた情報・シリアル No
  2. 共同利用する者の範囲
    株式会社EVERING
  3. 共同利用による利用目的
    ①両社間における円滑なカスタマーサポートの実現のため
    ②製品交換等の対応を実施するため
  4. データの管理について責任を有する者の氏名/名称
    株式会社 EVERING

【改訂履歴】

2022年3月15日制定